やさしいまちづくり

 めばえの考えるやさしいまちづくりとは、植物をツールとして「人と自然」「人と地域」「人と人」を結ぶこと。人と人では直接的すぎる関係性、人によっては上手に自分のことや思いが相手に伝わらないことってないですか? トキ・コト・モノが、やんわりと私を、私の思いを伝えてくれる。その、トキ・コト・モノがめばえの得意とする植物をツールに行う園芸福祉や園芸療法となります。

 植物があり、草花に触れることができ、植物の生育や活用を楽しむ時間に風が吹く…。植物のある暮らしを提案することで、人が環境にやさしくなり、人がみどりや花のあるまちを愛で、人と人がやさしく微笑みあう。そんな「やさしいまちづくり」を、自然工房めばえは目指しています。

育てる 「園芸福祉療法」とは

育てる 「園芸福祉療法」とは  めばえでは、ハーバルライフスクールの一つとして園芸福祉療法コースを開いています。園芸を通した社会福祉活動へ、普及啓発事業として行っております。

 園芸福祉とは、公共施設、公園や他団体への園芸や、園芸にまつわる楽しみ方をお教えしています。花壇作りを通して人と人の心をつなぐ。一緒に草花を育てて幸せになろうよ♪

 園芸療法とは、社会福祉施設、高齢者や障害者施設でガーデンや畑作り、プランター栽培など園芸から植物の楽しみ方の一連の動作を通して、心身の健康を維持向上させます。

●めばえスクール「園芸福祉療法コース」はこちら>>

寄り添う 「ガーデンヘルプ」と「園芸福祉療法コーディネート」

 まちに出て、楽しく園芸をするためのお手伝いをさせていただいております。個人邸のお庭のお手入れから、社会福祉施設や教育施設、民間・公共施設など社会福祉を目的とした施設のガーデンへ出向き、植物と共に豊かに楽しく暮らすサポートをしています。

ガーデンヘルプ

寄り添う 「ガーデンヘルプ」  ガーデンヘルプとは、ご高齢や障害などにより身体的に一人ではやりきれない個人邸の庭の手入れを一緒に行うサービスです。園芸福祉療法講座修了者・ヘルパー2級保持者が対応します。

●料金:1人1時間1500円、2時間以上から(月に1回~の定期利用のみ)。初回の除草のみ見積もり視察を行います(規模、人員数、日程確認など)
●対象者:65歳以上の方、45歳の介護認定者の方、在宅で介護されているご家族様など
●内容:除草、水やり、安否確認(ご家族さまの希望により)、傾聴(高齢者)、園芸資材の買物(1回車利用お車代として500円)
※対象者以外の一般の方は料金や内容などが変わりますのでご相談くださいませ。


園芸福祉療法コーディネート

寄り添う 「園芸福祉療法コーディネート」  社会福祉施設や教育施設、民間・公共施設など社会福祉を目的とした施設での、レクリエーション活動やレクや生活と連動したお庭作りと管理、年間スケジュールなどの計画実行などを行います。園芸福祉療法講座修了者・ヘルパー2級保持者が対応します。

 料金や日程スケジュール、内容等につきましては、現状をお聞きしてからとなりますので、お気軽にご相談くださいませ。


●「ガーデンヘルプ」と「園芸福祉療法コーディネート」のお申し込み&お問合せはこちら>>

集う・拠点づくり 「楽農くらぶ」とは

育てる 「園芸福祉療法」とは  2011年6月南大泉の農家さんの梅林の下から始まった楽農療法勉強会。野菜と自然の摂理が先生であり、それを学ばせてもらい皆で共有するワークショップを行ってきました。みんながやってみたいこと、知りたいことを中心に提案させていただき、失敗も成功も手作りでいつも発見のある会でした。

 そして4年目の2015年春からは、野瀬さんの母屋の半セルフビルト改築(自主施工)と畑作業を行う循環型の農ライフワークショップ、そして、もう一つの思いとして、めばえが行ってきている園芸療法活動の理念である、社会的何らかの支援が必要な人(障害者・高齢者・未病・グレーゾーンなどなど)の居場所作り、誰でもが参加でき、自分サイズに活躍できる。植物をツールに共に過ごすことのできる農福連携拠点(場・人・時)を作る(プロセス)ため「楽農くらぶ」の提案をしました。どなたでも、単発でも、連続でもご参加いただけます。